ザ・ジョブ・スロット・マシーンのレビュー

ミッション・インポッシブルのようなエンターテイメントがお好きな方はこちらのゲームに夢中になること間違いありません。ザ・ジョブは犯罪がテーマのスロットゲームです。あなたの心に潜んでいる泥棒たちを解き放つときがついにやって来ました。Nucleus Gaming 社は以前にも同じようなテーマのゲームを制作しています。しかし、ザ・ジョブは前作とは異なる視線から作られており、まったく別のゲームに仕上がっています。すべてのプレイヤーが同社の作品にハマるかどうかは別の話ですが、同社は次々とクリエイティブな作品を生み出す貴重な開発会社だと言えるでしょう。

昔懐かしいメソッド

「昔懐かしい」という言葉を聞いたとき、多くの人はヴィンテージ感が溢れた古いスロットマシーンを思い浮かべるかもしれません。しかし、ザ・ジョブの場合、ブランドの意図するヴィジュアルを意味しています。このスロットは 1990 年代風のフィルターがスクリーンにかけられているため、最近のスロットとはちょっと変わった雰囲気のゲームに仕上がっています。結果として、Nucleus Gaming 社が手がけてきた多くの高品質のスロットと同様、素晴らしい作品が誕生しました。ポストモダンな独特の雰囲気もこのゲームの魅力の 1 つであり、多くのプレイヤーのやる気に火をつけています。

ライトアップされたパネル、点滅するライト、対話式のコンピューターコデックスのエントリーなど、ハイテク感が漂うゲームです。ゲームに勝つとリールがハイライトされ、まるで新しい任務が与えられたような気分になるはずです。このような制作側の努力や工夫は素晴らしいのですが、もう少し現代のゲーム業界の雰囲気に近づけることはできたのではないかというのが私たちレビューアーの正直な感想です。とはいえ、レトロとモダンの中間に位置するゲームを探しているプレイヤーにとっては超魅力的なスロットだと言えるでしょう。

いざ侵入!

ザ・ジョブの最大の魅力は何と言ってもボルト・ボーナスラウンドでしょう。ボーナスゲームはゴールデンボルトのシンボルが 3 個以上集まった場合アクティベートされます。このスロットは対話型ゲームです。同社のビッグ・ボスやシアーズ・クリスタルなどのように、一般的なゲームよりも多くのインタラクションが必要となります。このゲームで、プレイヤーは銀行強盗に挑戦します。どのように侵入して任務を達成するか、プレイヤーのチョイスによって成功するか否かが決定されるのもこの作品の特徴の 1 つであるといえるでしょう。
ザ・ジョブの欠点ばかりを挙げるつもりはないのですが、このゲームで勝つことは決して簡単でないことを説明しなければなりません。絶対にボーナスラウンドへ達することができない、というわけではないのですが、スピン数回でボーナスゲームをプレイできることはまずないでしょう。たくさんのお金を賭けて何度もスピンしない限りボーナスラウンドがアクティベートされることは残念ながらありません。

再犯?それとも…

ザ・ジョブをプレイする際、プレイヤーはギャングスターとして生きるべきか、それとも強盗から身を引いてバケーションを楽しむべきか決めなくてはなりません。もちろんすべて愉快なゲームの世界の出来事ですが、決して道徳的なゲームでないことは確かです。犯罪の世界から足を洗って、もっとクリーンなゲームへと方向転換するプレイヤーが多いことも事実です。
ザ・ジョブはゲーム業界に限界がないということを実証した Nucleus Gaming 社の名作の 1 つであると言えるでしょう。有名会社に成長することは決して簡単なことではありませんが、同社は比較的早いスピードで今の地位へ上り詰めました。未来のゲーム会社に勇気と希望をあたえる存在であることは間違いありません。